読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翡翠コントロールシャーマン使ってみた感想

あけましておめでとうございます。ひなぎです。

ハースストーンのパクりだと揶揄していたシャドバに最近ハマってます。やっぱりカードゲームプレイヤーにとってプランの切り替えは重要ですからね(白目)

 

ドロシーでガチャガチャすんのたのし~~~~~~

 

はい、関係ない話はさておき最近コントロールシャーマンが少し注目されてるみたいです。ぼくは昔から注目してましたけどね(ドヤ

レジェ上位に到達した方が使用したリストはこんな感じです

f:id:HINAgi:20170103005247p:plain

 

翡翠で攻めていくのがコンセプトのデッキです。12月の月末レジェラダーと、ここ数日ランク戦で試してみたのと、そろそろブログを更新したかったのでちょっと感想を書こうと思いました。

 

主な勝ち筋は2種類

  • 精霊崩壊などで相手のミニオンを除去、癒しの波で回復し相手を息切れさせる
  • 巨大な翡翠のゴーレムを並べて処理を追いつかなくさせる

主に前者はアグロ、後者はコントロールに対する勝ち筋ですね。

使ってみた感じだとかなりカードの引きに勝敗が左右されるところが大きい気がしました。このリストだとドローソースがマナの潮のトーテムアジュアドレイクしかないのでこちらの除去が追い付かないパターン、癒しの波が引けないパターンが多々あります。これが1つこのデッキを使う上で問題点だと思います。

 

マッチアップはこんな感じかな?

  • 有利・・・レノ系、アグロ系
  • 不利・・・ローグ、アヴィクンなどのコンボデッキ

有利と言ってもアグロ系には全体除去と癒しの波が引けていることが大前提です。

レノロックと戦うときは呪術の打ちどころを考えるのが大事だと思います。とりあえず山の巨人に撃つことは確定として、相手がリロイを採用しない型だとラグナロスやアレクストラーザ等に撃つことも考えなくてはなりません。これらの脅威を排除できたならおそらく勝利は見えるでしょう。

レノメイジ相手はかなり有利だと思います。相手の持つ全体除去はフレスト、ブリザードしかない(カザカスのポーションもあるけど)ので翡翠のゴーレムをどんどん大きくしていくだけで勝てます。呪術はアントニダスとアレクストラーザに切るのでほぼ確定でしょう。

これらレノ系と戦うときはブランと翡翠シナジーをいかに活用できるかにかかっていると思います。また、白眼から出てくる5/10/10も相手に除去を強要することができるので強いです。

レノ系への勝率をさらに上げたいならンゾスとエリーズを採用するのが良いと思います。

 

アグロ相手には癒しの波と精霊崩壊やライトニングストームを全力で探しに行きます。

相手の盤面に7ほど打点があれば撃ってしまって問題ないと思います。癒しの波で回復しつつ盤面をクリアできればほとんど勝てると思います。

 

ミラクルローグはかなり不利です。このデッキを使っていて勝てたことがほぼないです。相手がガジェッツァンの競売人を引けないことを祈るしかないです。

マリガンとしては精霊崩壊、呪術はマストキープ、余裕があれば翡翠の爪も欲しいです(バッカニーアを倒すため)

 

 

 

使ってみた感想としてはこんな感じです。これからも回してみる予定なのでまた何かあればブログで書きたいと思います。

コントロールシャーマンを使ってみた人、何かアドバイス、コメント等ある人はどんどんぼくに教えてください!!!!

 

ではまた